桑田治療院


治療方法

川越の整体、カイロ、マッサージ桑田治療院



必要以上の痛みを伴わない治療法

 「手技療法」

 按摩マッサージ、カイロプラクティック、整体、操体法、SPAT等を改良して組み合わせた手技療法を基本とした当院独自の治療になります。カイロプラクティックの矯正は適応でない方、虚弱体質の方、クリック音(矯正音)が嫌な方には致しません。矯正部位は頚椎、腰椎、上部胸椎を中心にします。SPATでは骨盤(仙腸関節)の矯正をします。操体法ではそのものの安全性を重要視し、他に自動運動による脳神経、脊髄神経の回路活性運動法として応用していきます。
  WFC(世界カイロプラクティック連合)や操体法創始者 橋本敬三医師の本家とは考え方、方法が多少違う部分がありますが、理論よりも臨床結果を大事にした治療法になります。根本は身体に負担のかからない心地よいことをすることです。

 「鍼灸治療」

 鍼灸での治療法は局所治療、経絡治療とやっていきます。局所の炎症が強い場合は遠隔操作の経絡治療のみする場合もあります。そして鍼灸ともに、問診して患者さんの症状を診てから両手首の脈を診て、時には舌やお腹を圧した感じなどからツボを選択し、鍼の刺す深さや時間を判断していきます。鍼も心地よさを大事にしますが、脈を診て刺激が強い方が良い人には神経を響かせるように打つこともあります。症状によってパルス(通電)をかけます。実際に使う鍼はディスポーサブル(使い捨て)で感染症の心配はありません。灸も鍼と同じく選穴を脈診を基本として決めていきます。当院の灸は痕が残らないように灸点紙と呼ばれるシールの上からしますので、火傷の心配がなく心地よいです。鍼をするか灸をするかはその時の症状、状態を診て患者さんと話し合って決めていきます。鍼灸両方使う場合もあります。

 当院の治療法は手技療法を基本に、大きくこれら2種類の治療法になりますので鍼灸治療を希望の方は御申し出下さい。適応疾患や効果に違いが出る場合がありますので、患者さんと相談の上どちらにするか決めていきます。たとえば疾患として鍼治療の方が適していても、鍼が身体に入ることにストレスを感じる方に鍼の治療をするより、按摩的手法で治療した方が効果が大きい場合などがあります。常に患者さんとのコミュニケーションを大事にしています。

 ※当院は治療院になります。症状が改善され心身の健康回復・維持を目的としており、マッサージ的な慰安行為を複合した治療行為を行います。「治療概念」でもあるように、その症状を起こしている生活習慣が仕事等の為に変えられないということで、予防・再発防止も兼ねて定期的に来院されている患者さんが多くいます。定期的な治療を患者さんの生活の一部に取り入れて症状改善維持を目的としています。


桑田治療院
川越市脇田本町31-16-101

メニュー
トップページ
適応症状
治療方法
料金・時間
アクセス
予約・問い合わせ
ご挨拶

リンク

患者さんの家族



パソコンからはコチラ

(C) Koji Kuwata