ぎっくり腰、腰痛、肩こり、五十肩等は埼玉県川越市の整体、マッサージ、カイロプラクティックの桑田治療院/川越駅西口徒歩5分
川越の整体治療院・桑田治療院/腰痛・ぎっくり腰・肩コリ・五十肩/整体・カイロ・マッサージ・あん摩/埼玉県川越市・川越駅西口徒歩5分
川越の整体治療院、腰痛、肩こりお任せ下さい
川越の整体治療院、腰痛、肩こりお任せ下さい

川越の整体治療院

 

 


操体法

 心地よいことは身体によい

  操体法とは筋骨格系のバランス回復法を中心とした健康法/医療哲学です。その根本は 「心地よいことは身体によい」 です。

-詳説-

操体法とは

  「操体」とは、人の身体を1つにまとめている骨格と筋肉を、その成り立ちを基に誤りなく体を操り、動かすことを総称した表現です。運動や体操とは違って、二足歩行動物である人間にとって最も自然な身体の動きと、身体の歪みを作る不自然な動きを見きわめ、歪みのない身体を保つことが操体です。操体の中で、つま先から各指先におよぶ全身を使った具体的で体系的な体の動かし方を「操体法」とよびます。

操体の創始者

  この考え方と操体の実践を誰にもわかるように組み立てたのは、橋本 敬三医師(1897〜1993)です。橋本 敬三氏は新潟で西洋医学の道を歩みましたが、大学で学んだ近代医学の知識が患者さんを目の前にして役に立たないことをいやというほど思い知らさせました。その後、開業医として患者に接するようになって、民間に伝わる療法を始め、東洋医学的な治療を自ら体験しました。こうした経験を通して東洋医学的な治療の意味について研究と実証を積み重ね、努力の末に独創的な健康法としての「操体」を確立し、時間をかけて全国に知られるようになりました。そして、この「操体」は実技的な意味だけではなく、奥深い原理原則の一部分であることを橋本 敬三氏は次のように明快に体系化しました。

操体の概念

  「命ある人の身体は、余程の事情がない限り生まれつき健康で生きるようにつくられています。そして、ふだんは何の気なしに日々を過ごしますが、誰もが他の人には替わってもらえない四つの基本的要件を身体のうちに備えていて、そのどれ一つを欠いても生きていけません。それは、「食べる」「呼吸する」「動く」そして「思いめぐらす」の四つです。しかも、これらは身体の中で今現在互いに相関連しあっています。また、身体は宙に浮いているのではなく、地上のある場所で生きて行くための物質を用い、他の人と交わり人生を体得します。つまり、人は「環境」とのかかわりをもって存在しています。それらはそれぞれの法則を備えているので、逸脱すれば身体全体が歪み、崩れます。誰もが備えているこうした「生き方の自然法則」を「食・息・動・想の同時相関の体系」としてとらえ、生存の土台である「環境」との全体的で総合的な関係として確認しておかねばならないのです。」

歪みとは

  橋本先生は、この世は絶妙なバランスによってなりたっており、そして生命はそのバランスの法則の基に生かされており、人間も例外ではないということを述べています。このことから疾患の根源には身体の歪みを見出し、そして歪みの原因を調べてたどり着いたのが「息」「食」「動」「想」のバランスの存在でした。さらにそれらを取り巻く「環境」とのバランスもあり、そこから「息・食・動・想+環境」という生体における総合的なバランスの在り方を示唆し、医学会に唱えていきました。尚、操体でいう「歪-わい-」は整体やカイロプラクティックでいうの「歪み-ゆがみ-」とは意味が異なります。操体では「歪み-ヒズミ-」と言い、悪いものという意味では用いません。操体では「不自然の自然」という言葉があります。歪みもまたバランスの1つであり、歪ませることによって身体のバランスを保っていることも認めています。よって不自然な身体の形態であっても「身体が間に合っていればそれはそれでいい」という思想があります。その逆に「身体が間に合っていない」のであるならば、その歪みを正す、すなわち「歪体-わいたい-」を「正体-せいたい-」に戻していくことが必要になります。そしてその戻す術が「操体法」になります。

快適感覚

  さらに操体の考えでは筋・骨格系の歪みだけに留まりません。上記した「息・食・動・想+環境」から、それらのどこがバランスを崩しているかを考えます。すなわち、間違った呼吸、偏った食事、筋・骨格の構造に無理のある動き、悲観的な想い、合わない環境等、「息・食・動・想+環境」のそれぞれがテーマとなります。さらに「息・食・動・想」はどれか1つが崩れると他にも影響し、逆に1つが正されると他も正されていくという「同時相関相補性」の関係にあります。我々が個人として人の一生を間に合う体で生きることとは、自己責任の基においてなされ、ご自身で認識して生きていくことが大切であるということになります。そして、人間は動物である以上、そこには「原始感覚」というものが常に備わっています。その「原始感覚」とは「快」を満たす行為となります。「命とは快に満たされている現象」であり、「快適感覚の意識」を持って生きていけば、自然の摂理に則した生き方ができ、一生を間に合う体で終えることができることになります。

自療

  操体は別名「実践哲学」と言われています。その哲理は深遠なものがありますが、臨床で行われる「操法-そうほう-」はその哲理に則したひとつの身体を通した現象でしかありません。快適感覚を見つける動きには定められた方法はありません。操者(操体では施術者を操者と言います)が主役とならずに、本人(操体では患者の立場を本人と言います)自身が快適感覚を味わって心身を取り戻していきます。操者はあくまでも本人の快適感覚を高める補助者でしかなく、経験により人の快適な動きの方向を知っているだけです。よって操体法では操者が治したという発想はありません。「自療=自分自身で正して戻す」ことが操体です。

当院独自の操体法は「治療概念」「治療法」にあります。

 各種療法紹介

 操体法
 カイロプラクティック
 鍼灸
 SPAT

Copyright (C) Koji Kuwata. All Rights Reserved
ぎっくり腰、腰痛、肩こり、五十肩等は埼玉県川越市の整体、マッサージ、カイロプラクティックの桑田治療院/川越駅西口徒歩5分